モービルマッピングを活用しませんか
2019年8月24日

モービルマッピングシステムとは

モービルマッピングシステムは、自動車などで走行中に建物や道路の形状、標識やガードレール、路面に記されている文字などの道路周辺を3次元で位置情報を読み取るシステムのことを指します。

このシステムは略称でMMSと呼ばれており、移動式高精度3次元計測システムとして、運転に対する効率性を高めているものとして評価されています。モービルマッピングシステムの特徴には、走りながら計測できることと空間データの加工、3次元データの活用が挙げられます。世の中では通常のカーナビが普及していますが、通常のカーナビも走行中に現在位置を把握し、ナビゲーションを行ってくれます。

しかし、モービルマッピングシステムが導入されたカーナビでは、それに加えて走行している場所を絶対精度10cm以内、かつ相対精度1cm以内で計測し、ほぼ正確に位置情報を表示します。さらに、その位置情報に立体性を加えることによって、自分が今どこにいるかを正確に把握しやすくすることが可能になります。モービルマッピングシステムのこれらの特徴の中でも、3次元データを用いていることは最大の特徴と言っていいでしょう。

前述にもあったように、自分の現在地にある建物や地形を正確に把握することが可能です。そのためには、実際の世界を再現するかのような3次元技術は欠かせなくなります。モービルマッピングシステムは、自動車業界以外にも地図や土木、建設業界などでも活かされており、その技術は今後も広く活かされていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *