モービルマッピングを活用しませんか
2019年8月12日

ドクターヘリと救急車

ドクターヘリは病院のヘリポートから飛び立ち患者の元へ早く到着します。

ドクターヘリの着陸の場所を確保しなければなりません。田舎では道の駅の中に広いスペースを設けているところもあります。病院では飛ぶ地域のスペースを把握していて現地に到着したら救急車が待機していて看護師や医師が現場に向かう場合や、救急車が患者をドクターヘリまで運んでくれ、ヘリで病院まで行く場合もあります。救急車と違うことは医師と看護師が同伴しているということです。救急隊ができない高度な医療を提供できます。適切な処置や治療をその場所で提供することができます。

ドクターヘリの要請時には患者の状態を的確に伝えることが大切です。医師が処置できるように点滴など事前に持って行くことができるのと、ヘリに乗せて帰ったときには、専門医師を手配して待っていることも可能です。移動も素早く連携できるので医療過疎地や島などには素早く駆けつけて大きな病院へ搬送することが可能です。

天候が悪い場合はヘリを飛ばすことができなくなるので注意しましょう。救急隊では法律的にできないことがおおいのと、専門的な機関に素早くつなげることができることができます。また、医師との連携をよくするために情報をしっかりと把握して正確に伝えることが大事です。また、ドクターヘリを運転するパイロットの確保も大切です。天候に左右されるヘリですので熟練した操作が必要です。患者を助けるため素早く医療を提供できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *