モービルマッピングを活用しませんか
2019年8月9日

ドクターヘリに搭乗できるフライトドクター

緊急医療の現場で活躍するドクターヘリが大きな注目を集めていますが、ここにはフライトドクターと呼ばれる医師が乗り込むことができます。

医師であれば誰でもドクターヘリに搭乗できるわけではなく、主に三つの条件にかなっていなければなりません。フライトドクターとしてドクターヘリに乗り込むためには、まず医師免許を取得していることが必要であるため、医学部を卒業して国家試験に合格していることが前提となっています。また、単に医師の免許を持っていればよいというわけではなく、医師としての経験を積んでいることも必要条件の一つなのです。具体的には、医師免許を取得した後に研修医として二年間病院で勤務しなければなりません。

その後、19ほどある専門医の中から一つを選択することになりますが、フライトドクターになるためには救急専門医を選択している必要があると言われています。こうして救急専門医になった後も引き続き知識や経験を積み、実力があると判断されて初めてフライトドクターになることができるのです。救急専門医としての実力が認められた人であっても、実際にドクターヘリがある病院に勤務していなければ搭乗することはできません。基本的に言って、フライトドクターの育成は各病院が独自に行うことになっているため、まずはドクターヘリが設置されている病院に勤務するとともに、そこでの研修を受けて適性が認められるよう努力することができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *