モービルマッピングを活用しませんか
2019年7月3日

空間情報は次世代の測量情報として注目されています

測量を行う際には、これまでは平面的な地図情報での測定が中心となり行われてきました。

地図上での位置を明確にしそれに高さを付け加えることで地形を表現する基本的な要素が満たされることから、その測量においては位置を示す情報を中心として記録することで満足されていた面がありました。そのため、建物上空などは測量の対象とはならないものとなっていました。しかし最近では空中の様々な状態を適切に把握し有効利用に役立てることが非常に重要となっています。

技術の進歩が進み地上と空中とで様々な扱いが異なることや、空間を有効利用する高度な技術が広まりつつあることから、市場での位置情報だけではなく空間情報を測定することが非常に重要な要素となっているのです。空間情報は現代社会において様々な利便性を向上させることにもつながります。最近では空中における所有権の問題もいろいろな場面で登場するようになり、事情と異なる権利を持つことで有効に活用しようとする風潮も高まっています。

地上だけでは土地資源を有効活用できない現代社会では、空間を有効に活用することで居住スペースを拡大したり、生活の利便性を高めることにつながるため、測量において空間情報を確実に取得し有効に利用する事は非常に重要なものとなっています。現代社会においては、様々な情報を立体的に考慮することが資源を有効活用することにもつながります。そのため空間情報は現代社会において非常に重要な情報となりつつあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *