モービルマッピングを活用しませんか
2019年6月21日

広範囲を撮影できる空撮

テレビの映像だけでなく情報端末を使うと上空から見た景色を見ることができますが、これらの景色を見ることができるのは空撮を行っているからです。

空撮はその名の通りに空中から撮影することであり、飛行機やヘリコプターに特殊なカメラを搭載することで上から下の映像を映すのです。上空から撮影することによって、建物などの障害物に影響されずに広範囲の映像を撮影できます。特にその恩恵を受けるのがナビゲーションシステムであり、指定された目的地に着くためには目的地だけでなく道路状況も見られなければならないです。

このときに空撮によって道路状況を見ることができれば、使用者を安全に目的地に誘導することが可能になります。そんな空撮は交通状況だけでなく赤外線カメラを用いて地表の温度状態など色々な事に運用されていますが、現在ではその精度が格段に上がっているのです。なぜ制度が格段に上がっているのかというと、それはドローンの存在が大きいといえます。

ドローンは4本のプロペラがついた専用の小型ヘリコプターであり、その特徴として4本のプロペラが連動して動くことによって上昇や下降そして左右の旋回まで無駄な動きがなく動かすことができるのです。そんなドローンに撮影用カメラもしくは赤外線カメラを搭載することによって、ドローンが動く範囲の映像を映すことができます。

飛行機やヘリコプターで撮影する場合広範囲を撮影することができますが、標高が高い位置からの撮影になるので地面の細かい部分までは撮影できないです。そこで飛行機やヘリコプターの撮影だけでなく、ドローンからの撮影も加えることでより精度が高まり社会に役に立っています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *