モービルマッピングを活用しませんか
2019年6月9日

ドローン空撮で街の災害対策を

近年日本列島の各地域では、色々な自然災害が頻発しています。

ひと昔前に比べて明らかに数が増加しており、災害対策は喫緊の課題です。地形が年月の経過で大きく変わってしまっている地域も、少なくはありません。古い地図をもとにしては効果的な災害対策が施せませんし、現状に合致した工事なども考えられないでしょう。土砂崩れや洪水や台風、そして巨大な地震など、近年は色々な天災のリスクが潜んでいます。

随分と前に撮影された航空写真ではデータとして今日、活用し難いので先ずは基礎となる空撮データを新しい物にしなければなりません。ひと昔前であれば、非常に膨大なコストが掛かった空撮ですが、今ではドローンの普及によって、その費用は劇的にお安くなりました。経済力が潤沢ではない中小企業や自治体でも、充分空撮の依頼を専門の会社に頼めます。自然災害が頻発する山岳部や斜面の急な地帯、森林が生い茂る場所などはなかなか人の手での現地視察が出来ません。

一方でドローンであれば、人が足を踏み入れにくい場所も楽々、高画質なカメラレンズが搭載されているので、安全対策に必要なデータが確実に記録していけます。飛行機やヘリに比べて操作性が良く、小回りが利くのが利点です。

そのため、重点的にとある一か所を、詳細にチェックしたい場合もドローン空撮なら簡単です。肉眼では観察出来なかった斜面のひび割れ、河川の氾濫し易そうなポイント、土砂崩れのリスクがある箇所を空撮で確認すれば、迅速かつ効果的な対策が打て、街の危機管理がスピーディに講じられます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *