モービルマッピングを活用しませんか
2019年6月3日

空撮の前にトラブらないための対策

空撮は文字通り空から撮影をすることです。

この空からの撮影をする場合、今は有人の大型ヘリコプターや小型の無人ヘリコプターでも行う場合もありますが、これだとエンジンを稼働させるために燃料が必要だし、エンジン自体の騒音がやかましい問題などが発生します。その後にバッテリーだけで騒音もほとんど発生しないドローンが発明されたため、こちらでの空撮が主流になりました。

ドローンが主流になった要因の1つは、それ自体が小型軽量であること、騒音もほとんど発生しないこと、そして何よりも非常に安価で販売されてることです。特に安価での販売とドローンの知名度を多くの人に知らせているのは通販の存在です。安いものだと1万円を下回っています。しかしドローンで空撮を行おうとする場合は数々のいろんな注意を知らなければなりません。

1つはどこでも無制限に飛行させることができません。特に行政機能や空港や発電所などがある区域、住宅街や都市部など建物や人が多い地域の上空を飛行すること自体が禁止されました。また飛行禁止区域でなくても夜間飛行もダメだし、人がいたら30メートル以上離れないとなりません。

従って飛行前には事前に禁止されてる区域かそうでないかを調査しないと警察沙汰になってしまい、逮捕や刑罰に課される恐れがあります。他に知っておかないとならないのは各地域の条例などの法律です。というのは航空法で禁止対象エリアをクリアしていたとしても、条例などでその地域独自の法律に抵触してアウトになる可能性もあるからです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *