モービルマッピングを活用しませんか
2019年4月21日

低コストで大迫力の空撮映像を作れます

企業や学校のPR動画を作る際にインパクトのある映像を撮りたいなら、空撮を活用するのがおすすめです。

空撮にしてみるだけで、とてもダイナミックな映像になりますから、視聴者に強いインパクトを与えることができるのは間違いありません。ひと昔前は、空撮をするにはとんでもない費用がかかりました。セスナやヘリコプターを使って撮影すると、ほんの数時間でも何十万という費用がかかってしまうのが普通で、それだけのコストがかかるとなると諦めてしまう人がほとんどだったのです。

しかし現在、ドローンの登場によって空撮はリーズナブルでお手軽にできるようになりました。自分でドローンとカメラを買ってきて撮影すれば、少ない費用で空から撮り放題です。ただ、ドローンの操縦には慣れが必要ですし、上手く撮影するためにはそれなりにノウハウというものが必要ですから、PR動画用の素材を撮影するためには、プロの人にお任せしてしまった方が確実です。

プロに依頼するとコストはかかりますが、昔のようにヘリコプターやセスナを飛ばすよりはずっと安い価格で済むので、費用面をあまり心配する必要はありません。だいたい10万円もあればお釣りがくる場合が多いです。ドローン空撮は、ヘリコプターやセスナでは不可能だった、被写体にかなり接近したような映像も撮影できますし、狭い場所でも入っていくことが可能です。そのため、これまでにないような大迫力の映像を撮ることができ、非常に訴求力の高い映像作品ができるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *