モービルマッピングを活用しませんか
2019年4月18日

ドローン空撮なら被写体への接写が可能

ドローン空撮には様々な特長があり、最初に挙げられる利点ですか、コンパクトなボディなので場所を選ばずに映像の撮影作業が進められます。

いわゆる一般的な空撮の手段であるヘリコプターや大型飛行機だと、小回りが利きにくいです。米国の広大な大地や北海道の大草原等、広々とした環境ならまるで問題はありません。大都市部を空の上から空撮する場合も飛行機やヘリは便利ですが、適度な高さから被写体をくっきりと記録したい場合は、ドローンの方が優れています。

飛行機やヘリは微妙な高さの調節が難しく、操縦技術に優れたエキスパートでなければいけません。また日本の都心部などはオフィスビルや高層マンションなどが所狭しと立ち並びます。小回りが利かない方法だと狙い通りの映像が記録出来ず、そもそも飛行の許可が出ない事も多いです。ドローン空撮なら狭い場所でも問題はありません。機材一式は人が一人で持ち運べる程です。

軽量かつ小型なので、スタッフの人数は最小限でOKです。高さ調節や空中の移動が自由自在であり、狙った通りの角度と距離で被写体に迫れます。空撮では一般的に困難だと言われた、被写体への接写が可能であり、ヘリなどに比べて機材が静かに飛行するので、画面が揺れてしまい、見る人が酔うような映像になる事もないのです。すでにテレビCMやバラエティー番組やドラマ制作の現場に導入されており、ドローンは新しい映像表現のツールとして活躍しています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *