モービルマッピングを活用しませんか
2019年4月15日

ドローンで空撮を行うなら

最近はドローンを使った空撮がとても人気ですが、地上ではけして観ることができないような迫力のある映像を撮影できることから、リアルティを求める企業などから需要が高まっています。

特にスノボーやサーフィンなどの映像や車やバイクなどのモータースポーツなどの空撮映像は需要も高いです、しかしドローンの操作や空撮による映像技術は、専門的な知識と高度な技術が必要になるので、どこの制作会社に依頼したらいいかわからないという人もいます。自分が撮りたいジャンルの制作会社をじっくり比較して選ぶことが大事です。空撮を行う映像制作会社を選ぶ場合は、その制作会社が何を得意としているかを確認することが大事です。

過去に制作した映像を参考にしてみて、自分のイメージに近い会社を選んでください。ドローン空撮では撮影の技術だけでなく、操縦の技術も必要になります。安全にドローンを飛ばすことがとても重要になるので、実務経験が豊富な操縦者がいるか、正しいルールで撮影されているかなどが大事です。

他にも安全対策がしっかり行われているかなども確認しておくと、後でトラブルに巻き込まれずにすみます。ドローンのフライトでは、たとえ自分の所有地でもフライトの制限があるので注意が必要です。ルールを守らずドローンを飛ばすと、航空法や都市条例で罰せられることもあります。撮影目的で作られた飛行場もあるので、飛行ルールがわからない時は施設を利用した方が安全です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *