モービルマッピングを活用しませんか
2019年4月12日

近年における空撮とは

以前では空撮といえば、飛行機やヘリコプターなどの航空機から身を乗り出しての撮影やカメラを搭載した航空機による撮影が主となっていました。

しかし近年では世間でもニュース等で話題となっているドローンでの撮影が注目されています。このドローンにデジタルカメラを搭載したものを使用することによってコストを抑えることができ、さらに画質の向上や機体の小型さから生まれる空撮の可能性の拡大等のメリットがあるため、会社のプロモーションや宣伝映像にも使用されることが多くなっています。

空撮を専門に行っている企業に依頼する場合も、従来の航空機による撮影よりも安価となっているため、これらの利用も拡大しているのです。このような企業における使用等だけでなく、近年ではドローンそのものが小型化、軽量化された製品や様々な用途に合わせた機体が次々と開発されています。

そして、ドローンの操縦に免許は必要とせず資格においても基本的には取得において義務化はされていないので、一般の方でもドローンを所有し空撮を趣味として手軽に行うことができるため個人での所有や使用も増え、このような背景でニュース等メディアでドローンによる立ち入りしてはいけない場所の撮影や飛行などの迷惑行為などのまだまだ新しいものであるが故の法整備が整っていないことによる社会的な問題が提起されていますが、観光地でのドローン空撮ツアーなどの企画もできるなどの利用の拡大が広まっています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *