モービルマッピングを活用しませんか
2019年3月21日

空撮は誰でも趣味として楽しめる時代に

空撮とは航空機などに乗ったカメラマンが風景を撮影する事です。

しかし現在では無人航空機ドローンがその役割を果たしています。地面から飛び立ち空の開けた風景をダイナミックに映し出す空撮は人気です。この空撮を現在では趣味にしている人たちがいます。主にドローンの操縦や機能を楽しむものですが、レースをしたり競争を行うなど活発な交流を行っているのです。ドローンは昔は撮影機材として販売されており高額な価格の商品しかありませんでした。

しかし現在はトイドローンという低価格帯の商品が発売されており人気を集めています。1万円から購入できるドローンもあるので、初心者でも安心して楽しめる趣味となりつつあるのです。ドローンを購入するのであれば、気をつけたいポイントがいくつかあります。特にバッテリーについては事前にしっかりと把握しておく必要があるでしょう。ドローンは大抵5分から10分程度で飛行を行います。

もし長い間飛ばし続けたいのであればバッテリー1つだけでは頼りになりません。バッテリーも含め消耗品は別口でいつでも注文できるタイプの製品が望ましいものです。バッテリーも予備をそろえる事が出来れば安心して飛ばす事が出来ます。また、ドローン初心者ではありがちな事として操作ミスがあげられます。最初の内は操作に手こずるのが当然なので、あらかじめプロペラカバーを購入しておく事をお勧めします。プロペラ自体が破損してしまっては、ドローンを飛ばす事が出来ません。カバーを備える事でこうしたトラブルを防ぐ事が出来ます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *