モービルマッピングを活用しませんか
2019年3月18日

空撮は迫力満点の画像と神秘的な写真が撮影可能です

最近バラエティやニュース、CMや映画などでよく見るのが、ドローンを使った空撮映像です。

上空からの撮影が容易で、人や建物の近距離から次第に遠のいたり、近づいたりすることができます。ドローンは小型なので小回りが利き、低高度なので面白い映像を撮ることが可能です。近年はGPSや各センサーによって安定した飛行も可能になり、優秀なジンバルによってブレの少ないプロ並みの滑らかな撮影が可能になっています。セスナやヘリの航空写真などと違い、ドローンによる空撮なら個人で気軽に撮影することができます。

ドローン空撮の魅力は美しい映像で、圧倒的な臨場感とリアリティを持って空を飛んでいるかのような映像を撮ることが可能です。人が立ち入れない場所や視点で映し出された映像を動画サイトに投稿すれば、誰でも手軽に視聴することができます。特に上空からの映像は迫力満点で、真俯瞰から全面を映し出す角度まで幅広く撮影することが可能です。建造物もありえない視点から全体像を写せば、迫力満点の映像になります。

ドローによる空撮の魅力は動画だけでなく、決定的な写真を残すことができます。動画は臨場感があってその場の雰囲気や光景を伝えることができますが、動画が必ず写真より優れているとは言えません。動画より写真のほうが設定や編集などの自由度が高いので、伝えたいことを表現しやすいです。ドローンの空撮写真は芸術の域まで進化していて、街並みを撮った写真は神秘的な印象を受けます。不規則でも整然としているその姿は、動画では伝えきれない画と言えるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *