モービルマッピングを活用しませんか
2019年3月15日

ドローン空撮の基礎知識

最近ではドローンを使うことでこれまで撮影できなかった場所を撮影することが可能となっており、メディアなどでも頻繁に取り上げられています。

その撮影画像の美しさに感動して自分も撮影して見たいと、ドローンの空撮に挑戦する人は増加傾向にあります。ドローンとは、遠隔地から操作可能な無人航空機で、その機体にカメラを搭載することで空中から写真や動画を撮影することが可能となっており、最近ではさまざまな場面で活躍しています。実は景色ばかりを撮影することが目的ではなく、点検や測量、捜索などにも使用されています。

このドローン空撮の最大の魅力は、私たちのいる地上からは見ることのできない角度から撮影できるということです。飛行機やヘリコプターでも上空から撮影は可能ですが、コストの面から考えても現実的ではありません。そんな魅力的なドローン空撮ですが誰でもどこでもできるわけではなく、法律やルールがきちんと定められています。空撮でドローンを飛ばす際には国から許可や承認を得なければならないケースもありますので、法律やルールをしっかりと理解した上で臨むことが大切です。

空撮に大切なのがカメラですが、ドローンに搭載するカメラは4K画質などの高画質なものを選ぶと良いでしょう。その写真や画像をどのように使用するのかによっても変わりますが、せっかくであれば綺麗に撮影できて損はありません。もう1つ大事なのが、ブレ防止機能があるものを選ぶことです。ドローンは飛行の振動を受けやすいため、カメラにブレ防止機能は必須だと言えます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *