モービルマッピングを活用しませんか
2019年3月12日

空撮の方法とは、どのような方法?

空撮は、以前は飛行機やヘリコプターなどを飛ばして上空から撮影したり、ラジコン飛行機を飛ばして撮影したりするケースが主流でした。

最近では、ドローンの開発によってドローンを使用した撮影が多くなって来ています。ドローンを使って空撮するメリットとしては、飛行機やヘリコプターのように大掛かりな用意を必要ないことです。飛行機やヘリコプターを飛ばすのに必要なレンタル代金や燃料代金、パイロットの雇用代金などもドローンだと必要ありません。少ない費用で空撮ができるようになったという事が、一番大きなメリットだと言えます。

ドローンを使うことのもう一つのメリットは、飛ばしながら映像を確認することができることです。パソコン上でドローンからの空撮映像を確認することが簡単にできるので、修正や再撮影もすぐにできます。撮影できる映像の画像も最新の機器を使用して撮影することも可能です。撮影しながらズームアップしたりズームバックしたりすることも簡単にできます。

撮影した映像もそのままパソコン上で編集することができるので、編集作業も時間がかかりません。ドローンの開発によって空撮の技術が一気に進歩しました。これまで撮影することが出来なかった場所でも気軽に撮影できるのも、ドローンのメリットでもあります。狭い空間でも小型サイズを飛ばすことで撮影もできますし、飛んでいる鳥などに近寄っても怪しまれずに撮ることもできます。これまでにない空の世界を撮影することができるのも魅力でもあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *