モービルマッピングを活用しませんか
2019年3月3日

気軽に空撮を楽しむ方法とは

密かに人気を集めている趣味のひとつに空撮があります。

これは主に無人航空機であるドローンを使用し、搭載したカメラで風景を撮影したものです。ドローンを操作する事そのものも趣味として楽しまれており、レースが開催される事もあります。空撮は決して手の届かない趣味ではありません。昔は最先端の機器として高額なものがほとんどでした。しかし現在ではトイドローンという種類のものが販売されており、価格は1万円程度となっています。

ドローンを操作するには法律を守らなければならないのでは?と考える人も多いでしょう。トイドローンであれば法律に抵触する心配がありません。何故なら200グラム以下のドローンであれば法律の制限を受けないからです。もし空撮を楽しむのであればまずは200グラム以下のドローンを手に入れる事からお勧めします。価格も比較的手ごろなものが多いので気軽に楽しめますし、ドローンで仲間が出来るというケースもあります。購入の際に気をつけたいことは、バッテリーのもちの良さにはこだわる事という点です。

ドローンの単独飛行はおおよそ5分から10分程度と言われています。レースなどに参加したいのであればより長く飛ばせるように工夫したいものです。ドローンのバッテリーなどの消耗品は個別で注文可能のタイプがある方が便利といえます。予備のバッテリーがあれば安心して空撮を楽しむ事が出来るでしょう。最初の内は操作が難しいと感じる事もあるので、プロペラが破損しないようにカバーをつけておく事もお勧めです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *