モービルマッピングを活用しませんか
2019年2月24日

オフィスビジネスでも活用される航空レーザー計測

航空レーザー計測は航空機を用いて地表にレーザーを照射させ、それによる反射によって計測を行う手法です。

地表からの反射は高い建物などに照射した場合、その反射が早くなり、もっとも奥の地表まで照射した場合は遅くなるので、その時間差によって、地形の状況を把握することが可能となります。オフィスビジネスにおいて、航空レーザー計測を用いることは現在ではそれほど多くはないですが、今後は自動車の自動運転の技術が普及するため、その場合にはそれでの活用が見込まれます。

航空レーザー計測を行い、それに関連したオフィスビジネスも起業される可能性があります。他にもビジネスオフィスだけでなく、地図製作や地震などの災害状況などの把握にも活用することができる場合があります。また災害などが発生しやすい地域を特定することができるようになるため、事前に災害対策を行う上でも活用することができます。航空レーザー計測を成り立たせるのは、「レーザ測距・GNSS・IMU」の三つの技術があります。

レーザ測距は建物・樹木などの高さを計測することが可能で、GNSSは航空機の位置情報を把握することができます。IMUは慣性計測装置になるため、飛行機の姿勢や加速度を把握することができ、それによって補正を行うことができるので、正しく計測を行うことが可能です。航空レーザー計測で取得したデータを本格的に使えるようにするためには、データ情報として取得したものをビジネスオフィスで活用しやすいように加工処理を施すことが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *