モービルマッピングを活用しませんか
2019年2月21日

オフィスビジネスと航空レーザー計測の共通点

航空レーザー計測は航空機に搭載された測定器を用いて様々なデータを収集し、これをネットワークでホストコンピューターに送信することで迅速にデータの分析を行うことができる画期的な方法です。

測定した直後にネットワークを通じてデータをホストコンピューターに送信することから迅速にデータの分析を開始することができ、また不足しているデータを即座に連絡することで必要に応じて再度収集ができると言うメリットもあります。そのため地形図の作成や人が入ることができない場所等の測定も非常に迅速に行うことができるというメリットがあるのです。

小野航空レーザー計測とオフィスビジネスとは一見関連性がないように考えられますが、その考え方は実際のオフィスビジネスでも十分に生かすことができる場面が少なくありません。様々なオフィスのレイアウトをより効果的に行うためには、全体の状況を把握した上でその情報を迅速に分析し、最適な状態となるようなレイアウトを立案する必要がありますが、そのために必要な情報をできるだけ多く収集し、また即座に分析することが業務の効率化につながるため、収集した情報の分析とこのフィードバックを効果的に行う手法は航空レーザー計測の方式と非常に酷似しているのです。

近年ではビジネスにおいてもビックデータの処理が非常に重要なポイントとなっています。より多くのデータを収集しこれらのデータを状況に応じて利用しながら求める結果を得る方式は、航空レーザー計測を始め様々な場面で利用されており、実際のオフィスでも効果的に利用されているもので、非常に効果的な方式として注目されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *