モービルマッピングを活用しませんか
2019年2月18日

航空レーザー計測をオフィスでビジネスに

航空レーザー計測の利点は、航空機からレーザーを地表に向かって照射することによって、跳ね返ってくる速度を図ることで地上までの距離を正確に把握することです。

レーザーは、地表の樹木の葉っぱも透すことができるので3次元の測量ができます。地表の標高がどのくらいにあるのかも立体的にとらえることができるのです。従来の航空写真による測量とは違うデジタルなデータを取得できます。ビジネスとしてオフィスでの活用もできるのです。航空データ測量では、オリジナルデータ・グラウンドデータ・メッシュデータなどいろいろなデータが収集できます。

洪水被害予測などに航空レーザー計測で取得したデータを利用できるのです。都市景観シュミレーターで活用することによって、オフィスでのビジネスが成り立ちます。航空レーザー計測で取得できるデータが都市の景観を変化させる可能性を秘めているのです。ビジネス活用を進めることで、オフィスにいながらデータを活用するだけで未来の都市空間が見えてきます。

ビッグデータをオフィスで加工してビジネスに落とし込むことで全く違う角度での都市の見方をすることもできるのです。何よりの強みは、航空レーザー計測で取得できるデータの正確性が極めて信用できるものであることになります。航空写真では得られなかったビッグデータが手に入るのでビジネスとしての展開が可能になります。従来わからなかった土地に関してもデータを取得することが可能なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *