モービルマッピングを活用しませんか
2019年2月15日

航空レーザー計測の仕組みとオフィスビジネス

航空レーザー計測は航空機から地形や周囲の状況を詳細に測定するために非常に効果的な方法となっており、近年では様々な方面で利用されています。

その仕組みは航空機に搭載されたレーザーによる測量システムと、測定した情報を迅速にホストコンピューターに送信することができるネットワークシステムから構成されており、測定したデータを即座にホストコンピューターに送信することで、測定データの分析や集計がリアルタイムで行えるようになっていることが最も大きな特徴となっているのです。

様々な地形の測量は一見オフィスビジネスとは無縁のものと考えている人が少なくありませんが、実際にはその測定データは非常に膨大なものとなっているため、このデータをホストコンピューターに送信し処理する技術は実際のオフィスビジネスの中でも非常に関連性の高い技術となっています。またその仕組みが実際のオフィスで利用されていることも多いため、様々な面で関連性があることが少なくありません。現代のオフィスビジネスはその効率化が非常に重要視されていますが、社員の動きを把握しそのパターンを抽出することで効率的な社内の動線を測定する仕組みが注目を集めています。

これはひとりひとりの社員の動きと様々なオフィスに設置された機器やこれを利用する頻度などを瞬時に測定するものとなっており、航空レーザー計測で行われている方法と非常に似ています。これらのデータ処理は近年話題となっているビックデータの処理方法と非常に類似しており、その共通点を効果的に利用することで航空レーザー計測と同様の仕組みを利用することができるようになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *