モービルマッピングを活用しませんか
2019年2月12日

オフィスビジネスで注目を集める航空レーザー計測とは

オフィスの中で空間地図情報を活用するシーンが多いと感じている人も多数いるのではないでしょうか。

空間地図情報の中でも人気を集めているのはグーグルマップ、オフィスワークでグーグルマップを使うことも多いかと思われますが、この空間地図情報は主に自動車を使って情報を収集しています。しかし、空の上からの情報は車では得ることができません。これには航空レーザー計測の技術が活用されているようです。航空レーザー計測はヘリコプターその他の航空機を使って地上にレーザーを照射し、レーザーが戻る時間を計測する、GPSを使って位置情報を取得して3次元情報を作成するなどの特殊な技術の総称です。

航空レーザー計測もビジネスの一つであり、オフィスワークで使う空間地図情報もこうしたビジネスが連携することで得ることができるようになっているわけです。ちなみに、ビジネスは複数の種類と連携を図ることでより大きなビジネスに繋がると言われており、グーグルマップには様々な技術が集結して一つの空間地図情報を作り出していると言っても良いでしょう。

尚、航空レーザー計測で利用する変位計測システムと呼ぶものがありますが、これはレーザー距離計の設置場所を移動させることなく、対象物を1点ずつ照準しながら測定できるものです。ポイント間の水平や垂直、斜距離や角など度を測定することができるなどからも建築や土木業界、鉄道や不動産、看板施工や施設管理など幅広い分野で活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *