モービルマッピングを活用しませんか
2019年2月9日

オフィスを支える航空レーザー計測ビジネスの技術

ビジネスシーンにおいて、ある地域の地形や航空図を把握する必要があるときに利用すると便利なのが航空レーザー計測と呼ばれるものです。

通常、そうした地形図を入手したい場合、普通のオフィスでは必要な人材が機材が揃っていないことが多いのではないでしょうか。上から見下ろした鳥瞰図はとても使い勝手のいいものですが、そのためだけにオフィスでヘリコプターやパイロットを雇うのは難しいでしょう。こうしたニーズが見込まれるときは、航空レーザー計測をビジネスとして行っているオフィスに問い合わせると、代わりに調査の作業を引き受けてくれます。

航空レーザー計測とは、上空を飛ぶ飛行機からレーザーを発射することで地図を作成することを言います。測定に適した飛行機を常備しているので、依頼すればすぐに飛ばして欲しい地域の地図を作成してくれます。地図を作る方法には地上から車を走らせるなどする方法もありますが、これでは時間がかかる上に正確さは期待できません。

航空レーザー計測であれば短時間で測定できる他、レーザーを使うため誤差が少なく、ビジネスシーンで求められる実際の地形に近い地図に仕上げることが可能です。測定の仕組みは、飛行機にレーザー測距装置を積んで飛ぶというものです。指示された地域の上空に行くと、装置からレーザーが発信されます。レーザーは物体にぶつかると反射する性質があるため、それをキャッチして地形の起伏や高さを測る仕組みです。地球は自転しており球体であることも考慮して、コンピュータで補正された数値をデータとして蓄積するので、誤差も少なくなる優れた技術です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *