モービルマッピングを活用しませんか
2019年2月6日

オフィスビジネスに貢献する航空レーザー計測

航空レーザー計測は最先端の測量技術として非常に注目されており、近年では詳細な地形図を迅速に制作するための効果的な方法として広く利用されています。

しかし、オフィスで地形図を利用することが非常に少なく、実際にビジネスをこの上で利用価値を感じている人は決して多くはありません。その理由は航空レーザー計測によって制作されるものが地形図に限られていると考えている人が多いためです。この計測方法は航空機を利用して地表の状態をレーザー光線により測定できるため詳細な地形を確認することができるのがメリットですが、その他にもさまざまな情報を得ることができるため、その情報をオフィスビジネスに活かすことができることがあまり知られていないことによります。

流通ビジネスでは相手に早く効果的に荷物を届けるために様々な地形の状態や地表の状態を把握しておくことが非常に重要となる場合が少なくありません。日本ではトラック輸送が物流では非常に大きな割合を占めていますが、近年ではドローンなどの空中を郵送する方法も検討されており、これらの飛行ルートを確定する上では地表の状態は非常に大きな意味を持っているのです。

またオフィスビジネスのコミュニケーションの上で地形や地表の状態を知る事は高いコミュニケーション能力を得ることにつながり、ビジネスの効率を高める上で非常に重要なポイントとなる場合が少なくありません。航空レーザー計測能力は単に地形や事業の状態を確認するだけでなく、様々な面で大きな貢献をすることがわかっています。そのためオフィスにおいても非常に貴重な情報を与えてくれるものとして注目されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *