モービルマッピングを活用しませんか
2019年1月31日

航空レーザー計測が必要なビジネスオフィスとは

航空レーザー計測が必要なビジネスオフィスとは、測量会社です。

そのデータはどこに活用されるかというと、一般的には市町村の税務課で用いられます。その理由は土地や家屋の存在位置を瞬時に把握できるからです。毎年1月1日課税の固定資産税において、土地に対して建物が建っているかどうか、また、どこに建っているかが課税の対象に上がるかどうか関わってきます。つぶさに一軒一軒見ていては時間がかかって仕方が無いので、航空レーザー計測で上からの航空写真を用いることで存在位置が瞬時に分かります。

これにより大幅な事務削減に繋がるので、市町村の航空写真は契約対照になります。ビジネスオフィスで導入される航空レーザー計測のイメージ図はグーグルが提供しているようなカラー航空写真もあれば、白黒でも土地と家屋の存在位置がそれを見ただけで分かる所在図作成など様々な用途が挙げられます。ビジネスオフィスとしては測量技術を持っているだけでは、航空レーザー計測の技術確立は難しいです。

やはりノウハウを持った会社からそのようなソフトを購入して、市町村からデータをもらいそれを元にソフトに落としていくことでようやく完成するのです。確かに手間はかかりますが、市町村の形は合併でもしない限り変化することがないので、大幅な技術改良をしなくても毎年契約対象になるという大きなアドバンテージがあります。ライバル会社が発生しにくいことを思うとニッチ産業と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *